RUSSELL ATHLETIC[ラッセル アスレチック]

1902年、アメリカ、アラバマ州 アレキサンダー・シティで、
ベンジャミン・ラッセルによってスタートしたラッセル。
1920年代初頭に世界で始めてスウェットシャツの原型を作り、
1938年には世界初のラバープリントを開発。(現在のアメリカン・ラバープリントの原型)
その後、その技術を使って全米のスクール、カレッジのユニフォーム、各校の
ブックストアに学校の名前、ロゴが入ったスウェットシャツを普及させた。
1980〜90年代にはアメリカのプロスポーツ(NFL・MLB)などとサプライヤー契約を
結び、ラッセルの「R」マーク(イーグル・R)を全米に根付かせた。

「アメリカ人の自宅のクローゼットには、意識せずともラッセルのウェアがある。」
と言われる所以である。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4